ClientWorks

参考のため制作日数を表記していますが、集中的に制作した日数です。
ある程度進み、1時間程度の修正が2~3回入ることはありますが、
制作日数の表記には含めておりません。
また案件の重なり具合などによって参考日数より多くかかる場合もございます
実際の納品日はご依頼時に改めてご相談下さい

ポラス株式会社様
『MAP制作・パンフレット制作』

画材:ペン・Photoshop・illustrator
主な制作日数
MAP1点+カット8P:約15日
制作工程の詳細→note

『見開きMAP』
マップの道路はデザイナーさんが線をひいてくれていたので
その位置に私のタッチで描かせて頂きました。

モチーフの資料を頂いてたので それを元に制作しましたが、
各お店のホームページを拝見し、それぞれの想いや
コンセプトをくみ取りながらモチーフなど追加提案致しました。

『駅前広場で楽しむ住人』
サンプルではベビーカーは 女性が押していましたが
「これは男性にしておきますね。
イラストとしては家事や育児は男性がしてるほうが
イマドキっぽく一般的に印象が良いと思います」と提案。
活気のある駅前の広場には
「笑顔」と「優しさ」そこには「愛」があるはず。
と考え 笑顔一杯の女性をアップにして雰囲気をだしました。
このイラストだけではなく今回の企画は
スタイリッシュ+笑顔を意識しています。

▼カット一覧▼


キンコーズ九州・西日本様
『2021年 年賀状』

画材:ペン・筆・Photoshop
主な制作日数二点:約4日

販売サイト→キンコーズ様
制作工程の詳細→note

(左・年賀状)
『会う・つながる』がテーマの年賀状
meet会うとmeat肉をかけました。
(右・年賀状)
牛の決闘のような力強いイラストですが
こちらも再会を意識しています。
コダワリの色使いです。

二点とも、インパクトのある年賀状を意識し、
大量に送られてくる年賀状の中でも記憶に残るよう心がけました。


レイクウッドリゾート様
『majoの家コンセプトマップ』

画材:ペン・Photoshop
主な制作日数:約4日

制作工程の詳細→note

モノクロで古地図のような雰囲気。
描き込んだイラストタッチを希望でした。
「正確なマップではなくファンタジーの世界、
古地図のようなものが良い」との希望。
描き込みつつも、文字やモティーフは
背景に埋もれないように、浮かないように。
と気を配りました。
完成したものもとても好評で喜んで頂きました。
カフェに来たお客様がお土産に持ち帰ってくださるそうです。


ヨーロッパの街並み イラスト 暑中見舞い

キンコーズ九州・西日本さま
『2020年度 暑中見舞い』

画材:ペン・Photoshop
主な制作日数:約3日

制作工程の詳細→note

「コロナを乗り越える」がテーマの企画
とのことでSNSでみんなの思いをリサーチしました。
コロナが終わったら
「どこかに行きたい」「誰かに会いたい」が非常に多かったし、
それは私自身の希望でもあったので
メッセージは『DOKONIDATTEIKERU MATA AOUNE』
としました。
「メッセージもイラストも元気になれるイメージ!」
「爽やかな色合いでとても素敵」
 とご好評頂きました。


年賀状 デザイン イラスト

キンコーズ九州・西日本さま
『2020年度 年賀状』

左・画材:ペン・Photoshop
右・画材:クレパス・Photoshop
主な制作日数 合わせて:約4日

子年の年賀状です。
「アーティストらしい個性的な年賀状を」という希望でしたので、
いつも自由に制作させて頂いております。
両方とも年賀状らしくない色合いにコダワリました。
左はインテリアを配置し、オシャレに。
右はよりアーティスティックにポップに力強く。を意識しました。
かなり売り上げに貢献することが出来たらしく私も安心致しました。


北海道日本ハムファイターズ Tシャツデザイン

北海道日本ハムファイターズさま
『イベント用 似顔絵Tシャツ』

画材:ペン・アクリル絵の具・Photoshop
主な制作日数:約4日

イベントで販売する似顔絵Tシャツのひとつ。
2選手の写真資料を頂戴し、そこから自由な発想でお願いします。
という依頼でした。
数名のイラストレーターが参加。
ダントツに売り上げを誇ったのが…
別枠で特別参加したキッズ似顔絵コンテストの参加者でしたw


パンフレット イベント チラシ

JR東日本企画さま
『イベントパンフレット』

画材:ペン・Photoshop
表紙・中2ページ・裏面 合計4ページ
4P制作日数:約1ヶ月(兼業中)

私の描いた悟理道珈琲さまの店舗看板に一目惚れ。
「ぜひイベントのパンフレットを!」
いうことでお手伝いさせて頂きました。
路線で繋がる烏山と高根沢(宝積寺)の2つの駅で
様々なお店が集まるイベントを開催。
イベント名も決まっていなかったので、提案しました。
名物の電車ACCUMを描く以外は決まってなかったのですが
「 2つの駅の特徴を出すために左上には烏山の祭り、
右上には宝積寺のオブジェを配置。明るい空の下 
笑顔一杯の人々を配置して楽しいイベントをPRしましょう!」
と提案。
刷り上がったパンフレットは大好評で
すぐになくなってしまったそうです。


谷津矢車 小説 挿絵

双葉社さま
『小説推理 谷津矢車 著 差用心棒・乙吉の右往左往  挿絵』
画材:鉛筆・Photoshop
2点制作日数:約3日

(画像はイメージです。文章は作家にあるので差し替えております)
中学生頃からの夢・小説の挿絵を描く!が叶った瞬間でした。
挿絵の入るページだけ指定頂いており、
谷津先生の文章から思い浮かんだイメージを落とし込むという流れです。
歴史物なので出てくる言葉やモティーフを正確に知らないこともあります。
「まげ」と書いてあっても、この時代のまげはどんなまげなのか。
商人のまげ、用心棒のまげは違うのか?調べるところからです。
文章で伝わりづらいことをイラストにするのが我々の仕事です。
そしてこの挿絵が登場人物や世界観の公式ビジュアルになるのです。
自分の描きたいものではなく、作者である谷津先生のイメージを具現化する!
を目標にしました。
結果、編集担当の方だけではなく、作家の谷津先生からもご好評頂き、
今では親しく接して頂いております。嬉しい限りです。
イラストレーターになって良かった!


地図 MAP

油博商事さま
『物件紹介マップ』
宇都宮にオシャレなイラストレーターがいないか。
ということでお声がけ頂きました。
打ち合わせ後、実際に物件ひとつひとつを取材、
それぞれの物件のオススメポイントを意識して制作致しました。
デザインもお願いしますということで、
全面的に担当させて頂きました。

素敵な物件ばかりだったので、
こんな素敵な家に住みたいなぁと
思ったのでありました。



地図 MAP

悟理道珈琲工房さま
『栃木コーヒータウンマップ』

栃木市にはたくさんのコーヒーショップやカフェがある。
みんなで協力して栃木市をコーヒータウンとして盛り上げていこう!
と悟理道珈琲工房さまが立ち上がり、6店舗が集いました。
(今ではその輪もどんどん拡がっています)
MAPを手に取り、町を散策してもらう。その為には手に取りたくなる素敵な地図が必須だ!
そこでお声がけ頂いたことはとても光栄です。
このMAPを持って町を歩いている人を見かけると嬉しいものです。

私の紹介では文字はボカしていますが、公式ではDLLできるのでよろしければご覧下さい。


看板 ガラスペイント

悟理道珈琲工房さま
『店舗看板(ガラス窓)』

ワークショップ時に使っていたマニュアルのイラストがカッコイイ!
実店舗OPENの際にはそのイラストを看板にしたい!
というお言葉を頂戴し、是非ご協力させて下さい。と二つ返事でした。
オープン前の店舗に数日居座り、絵の具などでライブペイント、
道行く人は釘付け。新しくコーヒーショップが出来るんですよ。
と宣伝効果もあったようです。
今ではとても有名な珈琲屋さんとなりました。
私のお陰と言いたいところですが、
ほんとは店主の珈琲が美味しいからです。他の珈琲関係者が、
勉強するために飲みに来るようなエキスパートな珈琲屋です。
この看板が気に入った。ということで、たくさんの方からイラストのご依頼を頂いています。実質、お店の看板でありつつ、私の宣伝にもなっているありがたい看板です。制作中の姿はこちら


マニュアル

悟理道珈琲工房さま
『コーヒーの淹れ方マニュアル』

(大切なマニュアルなので文字はボカしています)
豆の焙煎士、コーヒーの淹れ方のワークショップをやってる方からのご依頼。

箇条書きの文字だけのマニュアルを使用していたそうで、
分かりづらいのでイラストを入れて分かりやすくデザインして欲しい。というご希望でした。
コーヒーも大好きなので快諾。
コーヒーの淹れ方を実際に教わりながら取材、コーヒーを飲みながら制作致しました。
分かりやすい&カッコイイと大好評頂き、
この後ずいぶんとご贔屓して頂いております。


本当に皆様とのご縁に感謝です。ご依頼のあった制作物にコメントをつけながら、担当者様やクライアント様の顔を思い浮かべました(会ってない人は想像)
お仕事の関係ではあるのですが、お互いを助ける、手伝うことなので、そこには感情が生まれます。こなしたイラストはありません。安いからこんなもんでいっか。もありません。至らない部分はもちろんあると思います。営業さんや編集さんだからこそわかることもある。だからコミュニケーションをとって修正、調整をしていくのです。共同の制作物であり、私はプロジェクトの仲間だと思わせて頂いております。イラストレーターは家に引きこもる孤独な仕事だと思っている方もいらっしゃいますが、私は色んな現場の人と仲間になれる素晴らしい職業だと思っております。